44683 normal 1462747402 team motivation teamwork together group community

それぞれの現場におけるチームづくりの試行錯誤

2016-06-10(金)19:30 - 21:30

Yahoo! JAPAN 大阪(27F)

大阪富国生命ビル(大阪府大阪市北区小松原町2−4)

せん 遠藤 良 谷本 心 caraage 沓 洋和 ひじり Eri Nishimura 西村匡司 中山洋一 大倉 圭介 謝花 旭 HIDARI 中原昌樹 高橋 直樹 山根しんいち 林 英行 + 26人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

500円 会場払い
運営費や備品購入にあてさせて頂きます

終了後のまとめ、スライド、ブログなどなど(随時更新)

スライド

自然とそうなる開発チームをつくるいとなむ #toteka // Speaker Deck

チームワークを左右するいくつかのこと // Speaker Deck

チームになっていく時の衝突とどう向き合うか // Speaker Deck

ブログ

「それぞれの現場におけるチームづくりの試行錯誤」で色んなことを考えてきました #devkan - Mitsuyuki.Shiiba

いろいろな現場の「チーム作り」の試行錯誤を聞いてみませんか?

皆さん、現場の中でいろいろな人と協働しておられるとおもいます。しかし、ただ人が集まるだけでは、強い「チーム」を作ることはできません。どうやってチームを作るか?そしてそれを育てていくか?これは皆さんが抱える重要なテーマではないでしょうか?

そこで今回は、様々な現場でチーム作りをしている3人に、それぞれのチーム作りの試行錯誤の様子を話してもらいます。うまく言った成功談だけではなく、失敗やそこから学んだことなども話をしてもらいます。

それらの話を元に、「どうすれば良いチームを作れるか」ということについて、みんなで考えていきましょう。

こんな方はぜひお越しください

チーム作りで苦労している、または、チームをもっと良くしたいと思っているマネージャ、チームリーダー、チームメンバー

コンテンツ(予定)

1:セッション(各25分ずつ程度の予定)
1−1:自然とそうなる開発チームをつくるいとなむ
<話し手>椎葉光行( @bufferings )

<概要>
こんにちは、大阪でWebアプリケーションエンジニアをやっている椎葉です。僕はこの3年間で、2つの新規Webサービスの立ち上げと運用をやってきたのですが、それぞれでスクラムチームをゼロから作ってリードしてきました。そのチーム作りを通して感じたこと・学んだことをお話したいと思います。色々と失敗を繰り返して、ここが良さそうなのかな、って思う場所に落ち着いてる感じなので、裏を返せば僕の失敗談なのかもなぁって思います。
4/23に栃木で行われた「とちぎテストの会議04」で発表した内容の再演になります。
参考: とちぎテストの会議04
http://d.hatena.ne.jp/tochigitestnokaigi/20160423

1−2:チームワークを左右するいくつかのこと
<話し手> @irof

<概要>
複数人の開発で重要なことの一つがチームワークです。
何がチームワークを助け、何がチームワークを阻害するのか。
それらと向き合うことで見えてくるものがあります。
いくつかのチームでの経験から、それぞれのポジションで見えるものや見えないもの、それぞれのポジションでの振る舞いが、チームワークに与えたと思われる影響などをお話しします。

1−3:チームになっていく時の"衝突"とどう向き合うか
<話し手>中村 洋 ( @yohhatu )

現場コーチ / 認定スクラムマスター
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。

正しいものを正しくつくる現場を増やすために、チームビルディングやプロセス改善、技術支援などを行っています。
様々な規模の SIer、事業会社でのシステム開発を経て現職へ。
「それをなぜするのか?」という Why の探究心と、「えんと思うなら、やったらよろしいやん」という越境することを口癖に、昨日より少しでも良い仕事ができることを大切にしています。

Developers Summit 2014Developers Summit 2014 Kansai ほか、講演多数。
SNS: Twitter | Facebook | ブログ

<概要>
様々なメンバーが集まり「チームになり、パフォーマンスを発揮する」には、相応の時間と段階が必要になります。
プロジェクトにおいては、メンバーが集まり「チームを作り始めよう」とする時期の質とその時間がポイントになってきます。

質が悪ければいつまでもチームとしてのパフォーマンスが出ませんし、時間をかけ過ぎると今度はプロジェクトに影響を及ぼします。

今回は、これまでの現場コーチの経験や事例を踏まえ、このような時期をうまく、早く駆け抜け、チームとして機能する状態にするためのノウハウや気をつける点をお話します。

2:ダイアログ
話し手が語ったキーワードやみなさんのチーム作りの試行錯誤などをテーマに話し合う予定です。

今回のテーマの対象領域

 チームビルディング

受付開始

 19時からです。

スタッフ

 中村 洋@yohhatu
 Posaune(@Posaune

ハッシュタグ

 DevKan

注意事項

 参加費に対する領収書は原則発行いたしません。ご了承ください。



※イベントの情報については、DevLOVEなMLでも案内します。
これを機会に是非、MLへのご参加下さい。
DevLOVE LINK

問い合わせ、ご連絡は以下でお気軽にどうぞ。
1:ハッシュタグ #DevKan を付けてつぶやいていただく
2:右上の「主催者にお問い合わせ」からメールを送る

DevLOVE関西のFacebookグループはコチラ!ぜひご参加下さい。
DevLOVE関西


Photo via VisualHunt.com

コミュニティについて
DevLOVE関西

DevLOVE関西

DevLOVE とは DevLOVEとは、開発(Develop)を愛する人たちの集まりです。 この集まりでは、開発の楽しさを再発見し、広げるために、下記2つのコンセプトのもと、 明日の開発の現場に役に立つことを目指した勉強会やイベントを開催しています。 開発の楽しさを発見しよう。広げよう。 開発の現場を前進させよう。 この中で関西を中心に活動するコミュニティがDevLOVE関西です。 F...

コミュニティに参加