55899 normal 1483265361 10163884836 140769133f b

マネージャーによるメンタリングの話

2017-02-06(月)19:30 - 21:30

会場 【大阪市内で検討中】

15人の参加者 湖崎由貴子 Matsuo Hiroshi 高橋 直樹 溝内伸和 Masaaki Inada Sakai Makoto IMAGE_WIDTH Yukihiro Hioki 中山洋一 小林 功一 + 5人の参加者
キャンセル待ちに登録
500円 会場払い
運営費や備品購入にあてさせて頂きます
キャンセル待ちは34人です。

「メンバーに成長」に不可欠なメンタリング。みなさんはどうやっていますか?

現場の前進させるためには「メンバーの成長」が必要です。
しかし勝手に成長することはほとんどなく、様々な働きかけが大事になります。
今回は、リーダーやマネージャーによる育成、教育、指導、メンタリングなどについて事例や現状の課題などを話し合います。

エンジニアリングマネージャー勉強会を参考にさせてもらいました。

Photo credit: hackNY via VisualHunt / CC BY-SA

こんな方はぜひお越しください

1:メンバーの育成、新卒のメンター経験があり、興味がある方
2:メンバーの育成、新卒のメンター経験中で困っている方

少しでも興味をお持ちいただければ、ご参加ください!

コンテンツ(予定)

1:セッション(各30分ずつ程度の予定)
1−1:開発中の失敗体験型新人教育と、中堅エンジニアへのメンタリング
<話し手>森田 和則(@pg_morita)

プラチナゲームズ株式会社 QAエンジニア

2005年ゲーム業界へ。プログラムを極力書きたくないのでプログラムを必死に書き続けています。
アプリケーション、ツール、システムと幅広くプログラミングを行い、
リードプログラマー/マネージャーとしていくつもプロジェクトに関わってきました。

最近はマネジメント業務から外れていますが、かわらずスタッフとコミュニケーションや、
スキルアップやキャリアに関するお話をちょくちょくしています。

<概要>
ゲーム開発におけるプロジェクト中の新人教育。
教育中のリーダー・マネージャーとしての動き方の事例。
マネージャーとして、中堅エンジニアとの付き合い方。

1−2:検討中の「個性を活かして成果を最もあげるチームメンタリング」について話してみる
<話し手>絹川 達也

楽天株式会社 管理職

人材系営業からスタートアップを経て楽天に。
主に中小規模サービスの立ち上げプロデューサー業務に従事し、
現在はそうしたサービスを主管する開発部署の管理職をしています。

やっと電子書籍の書庫が1000冊超えました(マンガが大半)

<概要>
プロ集団が集まっても成果が上がらないチームもあれば、
素人ばかりでも爆発的な成長を遂げるチームもあります。

会社の思惑通りに動く優秀なチームよりも
玉石混交の動物園のようなチームが成果を上げることもあります。

ある程度の規模のチームを複数見てきて、この不思議に成果を
上げるメンタリングの成功例を元にした再現パターンを構築中です。

今回はそれの中間発表をさせてもらいたいです。

2:ダイアログ
話し手が語ったメンタリングに関するキーワード、トピックをみなさんと共に話し合う予定です。

今回のテーマの対象領域

 組織づくり

受付開始

 19時からです。

スタッフ

 中村 洋@yohhatu

ハッシュタグ

 DevKan

注意事項

 参加費に対する領収書は原則発行いたしません。ご了承ください。



※イベントの情報については、DevLOVEなMLでも案内します。
これを機会に是非、MLへのご参加下さい。
DevLOVE LINK

問い合わせ、ご連絡は以下でお気軽にどうぞ。
1:ハッシュタグ #DevKan を付けてつぶやいていただく
2:右上の「主催者にお問い合わせ」からメールを送る

DevLOVE関西のFacebookグループはコチラ!ぜひご参加下さい。
DevLOVE関西

DevLOVE関西


  • 開催予定イベント
    1
  • 過去のイベント
    125
  • メンバー
    1706

トピック