Doorkeeper

それぞれの現場を変えようとしている者達の話〜越境者の活動談〜

2018-08-25(土)14:00 - 17:00

MonotaRO 梅田オフィス (ハービス大阪6F)

大阪府大阪市北区梅田2丁目5番25号 ハービス大阪6F

caraage KodaiTakahashi 片山佳祐 西山 泰幸 手束 周二 藤井 善隆 Takashi  Maekawa 中山洋一 Yuko Kazihara + 2人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

500円 会場払い
話し手の交通費、運営費や備品購入にあてさせて頂きます

終了後のまとめ、スライド、ブログなどなど(随時更新)

スライド

ブログ

会場について

会場は【MonotarRO梅田オフィス(ハービス大阪 6F)】 です。お間違えにならないようご注意ください。
* ハービス大阪はハービスプラザの西側、ザ・リッツカールトンホテル寄りにあります。
* ハービスプラザ周辺に「ハービスエント」という別のオフィスビルがありますが、そこではありません。

それぞれの現場での越境のお話

「今まで◯◯だった」などの前提や制約を変える、壊すなどして新しい状況を作るには、そのような前提や制約、役割を越えて活動する越境が必要になってきます。

今回のDevLOVE関西では、その越境をした、しようとしている者達の話を聞いてみようと思いました。
同じ越境しようとしている仲間を探している人、越境する少しの勇気を欲しい人にとって良い場になればと思います。

※画像:unsplash-logoVal Vesa

こんな方はぜひお越しください

1:越境仲間を探している方
2:越境しようと頑張っている方

少しでも興味をお持ちいただければ、ご参加ください!

コンテンツ(予定)

1:セッション
イントロダクションセッション:"越境”の正体とはなにか?(仮)
<話し手>中村 洋 ( @yohhatu )

ギルドワークス 現場コーチ / 認定スクラムマスター
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ(アジャイルコーチ)。

正しいものを正しくつくる現場を増やすために、チームビルディングやプロセス改善、技術支援などを行っています。
様々な規模の SIer、事業会社でのシステム開発を経て現職へ。

<概要>
イントロダクションセッションとして、この日のテーマである”越境”について、それがどういうものか?を体験を踏まえてお話します。

1−1:怖くない越境 - 小心者でも越境マンになれた理由 - (改)
<話し手>福本 江梨奈(@pupupopo88)

株式会社ヴァル研究所
Web系エンジニアとしてインフラからフロントエンドまで幅広く担当。
課題解決や全体最適化が好きで、必要とあらば自チーム以外、エンジニアリング以外のことにも踏み込みます。
コミュニティ活動はRubyやアジャイル界隈が中心。
CSM(認定スクラムマスター)、CSPO(認定プロダクトオーナー)

<概要>
DevLoveコミュニティのコンセプトとして新たに追加された「自分から越境しよう。」
一言で「越境」と言っても、対峙する境は多種多様です。少し踏み出せば超えられるもの、一筋縄ではいかないもの。
大層なイメージを持ってしまいがちなこの言葉ですが、もっと気楽に捉えてもいいのではないでしょうか。

今回は私の「ちょっと踏み出したこと」を交えながら、ベースにあるマインドや実際にやったこと、なぜその行動に繋がったのかという点についてお話しします。
こわくない、越境 - 小心者でも越境マンになれた理由 - / DevLove 201 - Speaker Deckの再演です。

1−2:私が見つけた境界線
<話し手>橋詰英輝(@84zume)

株式会社電通国際情報サービス

金融業界向けに受託開発・ITコンサルや、内製化力強化のための教育・働き方改革などのサポートをおこなっています。もともとはマイクロソフト系技術のエンジニアでしたが、最近はGoogleさんに浮気中。将来的には、それぞれの地域の金融機関がもっと力をつけられるようITの側面から支援する仕事をしていきたいなと思っています。

CSM(認定スクラムマスター)

<概要>
「越境したい」や、「コンフォートゾーンから抜け出したい」という気持ちは多くの人がお持ちです。それにあたり最初の一歩として本当に超えるべき境界線がどこにあるかを見つけることがキモだと思います。私がここ最近で経験した、境界線までの道のりと、これからどうやってその境界線を越えていこうとしているかをお話しします。

1−3:私の「越境」航海図
<話し手>神ノ倉 正人

株式会社NJK
受託開発やお客様先でインフラからフロントエンドまで幅広く担当しているエンジニアです。
「カイゼンジャーニー」に感銘を受け、自社内でも読書会を開催し、「越境者」仲間を増やしています。

<概要>
エンジニアとして現場で感じる問題やその問題を「チーム」で解決するために、私が取組んでいることについてお話しします。私の想い(大事にしていること、どうありたいのか)や試行錯誤していることを皆さんに共有することで、「より良い現場」が増えるきっかけになればと思います。

2:ダイアログ
数人のグループで、話し手が語ったキーワードなどをインプットに話し合います。

今回のテーマの対象領域

越境

受付開始

13時30分からです。

スタッフ

中村 洋@yohhatu

ハッシュタグ

DevKan



※イベントの情報については、DevLOVEなMLでも案内します。
これを機会に是非、MLへのご参加下さい。
DevLOVE LINK

問い合わせ、ご連絡は以下でお気軽にどうぞ。
1:ハッシュタグ #DevKan を付けてつぶやいていただく
2:右上の「主催者にお問い合わせ」からメールを送る

DevLOVE関西のFacebookグループはコチラ!ぜひご参加下さい。
DevLOVE関西

コミュニティについて
DevLOVE関西

DevLOVE関西

DevLOVE とは DevLOVEとは、開発(Develop)を愛する人たちの集まりです。 この集まりでは、開発の楽しさを再発見し、広げるために、下記2つのコンセプトのもと、 明日の開発の現場に役に立つことを目指した勉強会やイベントを開催しています。 開発の楽しさを発見しよう。広げよう。 開発の現場を前進させよう。 この中で関西を中心に活動するコミュニティがDevLOVE関西です。 F...

メンバーになる